全農グリーンリソース株式会社

INTERVIEW 社員の声

思い描いていた
海外事業に関わる仕事が現実に

本社管理部付出向
全農(上海)貿易有限公司 総経理助理

さん

(2011年度⼊社 農学部
⽣物環境システム学科 ⽣態系領域卒)

入社の理由

元々、子供の頃の夢は貿易業務など外国と関わる仕事でした、その証拠に中学生の卒業アルバムの夢の欄には生意気にも「貿易会社に勤める」と記載していました(笑)。学生時代は農学部専攻だったこともあり、農業と貿易に携わる業務がしたいと思い、就職活動時に全農グリーンリソースの業務内容を見て「まさに自分が入りたい会社だ!」と強く感じ、すぐに会社説明会にエントリーしたことを今でも覚えています。

現在の仕事内容

今は、全農(上海)貿易有限公司という親会社である全農の中国現地法人に出向しており、上海市に駐在しています。つまり…先ほど説明しました「子供の頃の夢」でいえば、中国という国は予想していませんでしたが「海外事業に関わる仕事」という意味では、曲がりなりにも夢を叶えることができました。業務としては、肥料調達業務、食品販売業務、財務会計・人事労務業務、システム管理業務など(人数が少ない小さい会社のため)多岐にわたります。

肥料調達業務

肥料の主要成分は窒素、燐酸、加里ですが、例えば燐酸質肥料の燐安は90%以上中国からの輸入に頼っています。私はこの燐安をはじめとした中国産肥料原料(主に燐安/燐鉱石/ようりん/液肥など)を品質確保したうえで、安定的に日本へ届ける仕事をしています。上海の拠点自体は前身の代表処を1991年に開設しているので、既に30年以上中国国内で継続している重要な業務です。特に生産工場や鉱山など現地へ出向き、生産工程を確認したうえでサプライヤーと共に品質向上に取り組み、船積みの立会いなど現場をチェックすることが多い仕事で、日本の農家の皆さんに安心・安全な高品質の肥料を届けることが責務だと思っています。

食品販売業務

食品販売業務は、2021年から開始した新たな業務となります。主に(日本産農畜産物に関わる)日本産食品・飲料等の輸入、中国国内での販売業務です。輸入規制が多い中国で、足元で取り扱い可能な食品の商品数を増やす取り組みを進めていて、積極的に商品開発しています。現在は、オンライン(EC等)とオフライン(リテール/レストラン)の両面で加工食品、酒類、飲料、米の取扱いがあり、日系デパートや展示会など多くのイベントなどにも精力的に参加して活動しています。販売事業に関しては、まさにスタートアップ企業で全て新鮮な気持ちになります、売ることの難しさもありますが、その反面やりがいも非常にあります。

ある日のスケジュール

  • 8:00 出社

  • 9:00 始業

    肥料・食品業界記事、中国国内記事、メール確認

  • 9:30 打合せ

    売上実績をもとにプロジェクトの進捗状況、課題、今後のスケジュールの共有

  • 10:30 経費管理、販売実績管理

    経費精算など各種送金業務、各銀行口座明細及び帳簿、記帳資料を整理

  • 12:00 昼休み

  • 13:00 打合せ

    食品販売専用の管理システム導入に向けた打合せ

  • 14:00 打合せ

    肥料の中国国内輸出規制最新情報などの共有、生産状況や規制に伴う船積みスケジュールに変更など進捗報告

  • 15:00 打合せ

    輸出者である全農インターナショナルと、中国国内の食品販売のトレンドや輸入規制などを共有、商品開発に取り組む

  • 16:30 中国国内肥料市況調査

    最新の中国国内肥料市況を調査し、各肥料品目をとりまとめて各関係先に共有

  • 17:30 報告書作成

    日報及び打合せメモの整理

  • 17:45 退社

  • 20:00 サッカー(プライベート)

    中国人現地チームに在籍していて、毎週試合をしています。
    現地の生の声も聞けて交流できるのでリフレッシュできる大切な時間です。

やりがい

自分たちの商品が思い描いたように売れたとき、お客さまからの反応が良かったとき、感謝されたときです。元々、全農グリーンリソースで物流業務を担当していた時も、自分が対応した仕事内容に対してお客様からの感謝の言葉をもらった時はやりがいを感じていました。ただ、今と違うのは、その当時は自分たちの商品を現場の生のお客様に売ったことはありませんでした。現在、親会社である全農の中国現地法人にて食品販売に力を入れています。日本産の加工食品や酒類、米などの様々な商品の取り扱いを始めたばかりです。そこで感じることは、実際にモノを売ることの難しさです。学生時代のアルバイトなどを除き販売業務はこれまで全く経験がありませんでした。如何に目の前のお客様やECをご覧になっているお客様に対して、モノを売ることができるか。商品のストーリー性、特徴、全農だからできる原料供給など説明と表現して、お客様に興味を持ってもらうまで非常に苦労しました。むしろ今も苦労している最中です。ただ、ご購入頂いたお客様から「教えてくれたとおり美味しかったよ!」、「また絶対買う、もう追加購入しました!」、「友達にも薦めます!」という言葉をもらったときは、非常に嬉しかったし「仕事のやりがい」というものを強く感じました。

就活生のみなさんへ

是非、他にも色々な会社を見て全農グリーンリソースを判断してほしいと思います!私は、元々は海外事業(肥料原料調達業務)に興味があり、入社しました。ただし、最初の7年間は現場の支店や本社で国内物流業務を担当していました。その後、上海で肥料原料調達業務や財務会計業務、食品販売業務までも担当することになりました。一見すると全く異なる業務ですが、仕事は必ずつながっていて全く無関係な仕事はありませんでした。その証拠に、今の業務にも物流業務の仕事は非常に活きています。むしろ、全農グリーンリソースの軸である業務を最初の7年間で現場業務含めしっかり吸収できたことに、会社の配属判断には感謝しています。全農グリーンリソースは上司との定期的な面談もあり、コミュニケーションを非常に大切にしている会社だと思います。自分が今考えていること、今後なりたい自分、将来的にどのような部署にいきたいかなど直接伝えることができます。もちろんこのような細かい部分は、実際に入社しないと分かりませんし、自分の思い描いたイメージと異なるかもしれません。ただし、少なくとも私は自分のやりたい仕事をやらせてもらっている現状に対して非常に満足しています。是非、皆さんには全農グリーンリソース以外にも他の会社をたくさん見て、自分のやりたい仕事や将来を思い描いた中で自分の行きたい会社を判断してほしいと思います。その中で全農グリーンリソースを選んでもらい、一緒に働く機会があればとても嬉しい限りです!そのときは一緒に働く仲間として是非よろしくお願いします!「変なメッセージ見ましたよ」とお声掛けください(笑)。

キャリアパス

  • 2011年 新潟支店 入社、現場作業、配送手配など
  • 2014年 肥料原料部 品目担当、国内拠点在庫管理
  • 2018年 華東師範大学強化班にて語学研修
  • 2019年 全農グリーンリソース株式会社上海代表処 中国産肥料原料調達、管理業務全般
  • 2021年 全農(上海)貿易有限公司 中国産肥料原料調達業務、日本産食品販売業務、管理業務全般

エントリー

マイナビ2025